片づけは誰にならうもの?


普段自分でしている片づけ方って

どうして知ることができたのでしょう



生活しながら自然に

子どもの頃おもちゃの片づけしたり

学習机や教科書の片づけをしていたから

親に片づけなさい!と言われてきたから

学校の先生から教わったり

職場の上司に言われて覚えたり



よくよく考えてみると


誰にもきちんと習うことをしていないです



みんながみんな


なんとな-く


誰かがやっているのを

見よう見まねでやってきています



いつの間にか

靴下は2足をくるっと丸めることになっている

紙袋は冷蔵庫の隙間に入れることになっている

書類はレターケースに入れるべきだと思っている

職場の袖机はプライベート引出しだと思っている

突っ張り棒で収納スペースは増やさないといけないのだと思っている

収納ケースは白にすべきだと思っている




みんなが言う「当たり前」に

いつの間にが縛られて窮屈になっています



これで上手くいっていれば

問題ないです



でも


上手くいかないですよね

なんとなくでは…

あふれる情報をかき集めていては…



-----


整理収納は10ウン年前に

世のエライ先生方によって


きちんと理論体系がつくられました



おかげで

この理論を学ぶことで



誰でも

どんな環境でも

整理収納できるようになりました



だから

自己流で自己満足で独りよがりの

整理収納は卒業できるようになりました





いつまでも雑誌のような家にならない

憧れの一軒家建てたのに

思うような暮らしになれない…

仕事の効率が上がらない…



なんて嘆いている時間はもったいないです!

必ず終わりにできます



整理収納の思考を

手に入れてみませんか?

【神戸明石】整理収納サポート悠々閑閑■西崎 瞳

西崎 瞳(にしざき ひとみ)整理収納コンサルタント・認定講師/プロフェッショナルコミュニケーター/NLPマスタープラクティショナー 大手保険会社事務、法律事務所、個人医院受付検査補助などを経験し、2014年整理収納サービスを独立開業。収納オタクだったわたしのように迷走している方を助けたいと整理収納作業を中心に活動し、整理収納にはメンタルが重要だと感じ2017年心理カウンセラーとなる。

0コメント

  • 1000 / 1000